このページでは、Javascriptを使用しています

 

 
そのまま食べてもおいしい天狗ハムの商品を、「もっとおいしく」「もっと楽しく」食べられる、おすすめ料理のレシピをご紹介します。是非、 毎日のステキな食卓づくりにお役立てください。
春のメニュー夏のメニュー秋のメニュー冬のメニュー
春のレシピ
printout
 

暑い夏にぴったりの時短クッキング!いつもはおつまみの「サラミソーセージ」がちらし寿司に変身。「サラミソーセージ」の美味しさがご飯にしみてクセになる味わいです。

15分(炊飯時間は除く)
材料(4人分) 分量
サラミソーセージ

5本(約46g)

大さじ1
3合
市販の五目ちらしの素 3合分
絹さや 4本
1個
少々
片栗粉 ひとつまみ
サラダ油 少々

1 米は洗ってすし飯用に固めに炊いておく。
1 「サラミソーセージ」は薄切りにし、耐熱容器に並べ酒をかけて、600Wで30秒加熱しておく。絹さやは筋を取って塩茹でし、斜め薄切りにしておく。
1 ボールに卵と塩と片栗粉を入れよく混ぜて溶きほぐす。フライパンにサラダ油を熱し卵液を入れてうす焼き卵を作る。冷めたらせん切りにしておく。
1 大きめのボールに、ご飯と「サラミソーセージ」(汁ごと)(飾り用に4〜5枚残しておく)と五目ちらしの素を入れてしっかりと混ぜ合わせ、途中うちわなどであおいでツヤを出す。
1

4をお皿に盛り、「サラミソーセージ」と絹さやと卵を飾って、出来あがり。

printout
 

太陽の恵みをたっぷり受けた夏野菜と「ベーコンスライス」のうま味が溶けあってさわやかなハーモニーを奏でます。たくさん作ってビタミンと食物繊維が豊富な夏の常備菜に!

30分
材料(4人分) 分量
ベーコンスライス 6枚(約100g)
完熟トマト 2個
なす(中) 5本

ズッキーニ

1本
赤パプリカ 1個
黄パプリカ 1個
玉ねぎ 1個
にんにく 1かけ
ブイヨンキューブ 1個
白ワイン 100cc
オリーブ油 大さじ3
塩・コショウ 適宜

1 「ベーコンスライス」は2cm幅に切る。完熟トマトは半割にしてヘタを取りザク切りにしておく。なすもヘタを取り縦半分に切って乱切りにしておく。ズッキーニは1センチ幅にスライスする(太いものは半割に)。パプリカは種を取って小さめの乱切りにする。玉ねぎは2cm角に切る。にんにくは半分に割りたたいて潰しておく。
1 鍋ににんにくとオリーブ油を入れ、弱火で炒めて香りを出し、にんにくを取り出しておく。そこになす、ズッキーニを入れて炒め、少し焦げ目がついたら残りの野菜とベーコンを入れてさらに炒める。
1

2にブイヨンキューブと白ワインを加え、トマトを潰しながら中火で煮込んでいく。野菜に火が通って柔らかくなったら、塩・コショウで味付けして出来あがり。

   
printout
 

夏にぴったりの涼しげなおもてなしゼリー。「加賀白山ホワイトロースハム」のきれいなピンクと色とりどりの野菜がゼリーの中できらきら輝きます。

15分(固める時間に1時間〜1時間半)

材料(4人分)(ココット型8個分) 分量
加賀白山ホワイトロースハム 5ミリの厚さで3枚(約96g)
オクラ 4本
ブナピー 1パック
コーン 大さじ2
ゼラチンパウダー 10g
500cc
ブイヨンキューブ 1個
小さじ1/4

1 「加賀白山ホワイトロースハム」は1cm角に切っておく。オクラは塩茹でし、薄くスライスする。ブナピーは石づきを取って小房に分け、塩茹でしておく。
1 鍋に水とブイヨンキューブを入れて煮立たせ、火を止める。そこにゼラチンパウダーと塩を入れよく混ぜ合わせ、しばらく置いて粗熱を取っておく。
1 1とコーンをココット型に等分に分け入れ、2のゼリー液を注ぎ入れて冷蔵庫で冷やし、固めれば出来あがり。
 
 

石川県金沢市出身。
料理教室講師を経て、2003年に独立。
2008年”しもおきひろこキッチンスタジオ”開設。

 

フードコーディネーター、食育インストラクター、ワインアドバイ ザーほか多くの資格を持ち、多方面で活躍中。
著書に「しもおきひろこ笑顔でごはん。」

 

しもおきひろこオフィシャルサイト

 

 

このページのトップへ