このページでは、Javascriptを使用しています

 

 
そのまま食べてもおいしい天狗ハムの商品を、「もっとおいしく」「もっと楽しく」食べられる、おすすめ料理のレシピをご紹介します。是非、 毎日のステキな食卓づくりにお役立てください。
春のメニュー夏のメニュー秋のメニュー冬のメニュー
春のレシピ
printout
 
じゃがいもではなくあえて里芋で作る煮物。里芋独特のぬめりとホクホク感が「居酒屋ステーキ バジル&レッドペッパー」のピリ辛味とよく馴染みます。しょう油ではなく味噌を使ったことで、ちょっと気のきいた煮物に。ご飯はもちろん、お酒にも合いますよ。

30分
材料(4人分) 分量
居酒屋ステーキ バジル&レッドペッパー 2枚(120g)
里芋(皮をむいて) 450g
にんじん 1/2本(100g)
ブロッコリー 2個
味噌 大さじ2
300cc

1 「居酒屋ステーキ バジル&レッドペッパー」は4等分に切っておく。里芋は皮をむいて食べやすい大きさに切り、一度茹でこぼしておく。にんじんは皮をむいて食べやすい大きさに切る。ブロッコリーも食べやすい大きさに切っておく。
1 鍋に水と里芋とにんじんを入れて、やわらかくなるまで煮る。
1 「居酒屋ステーキ バジル&レッドペッパー」を別のフライパンでさっと炒めておく。
1 2の鍋に3と味噌を加えて5分ほど煮込み、ブロッコリーも加えてやわらかくなったら出来あがり。
printout
 
「ローシンケン生ハム」の塩味がご飯とよく合う一品。オクラのネバネバと玉ねぎのシャキシャキで食感も彩りも良いどんぶりです。「ローシンケン生ハム」と和風の麺つゆが意外にマッチ。すぐに作れるのでちょっとお腹がすいたときに手軽に頂けます!

10分
材料(1人分) 分量
ローシンケン生ハム 4枚(約32g)
温泉玉子 1個
オクラ 1本
玉ねぎ 1/8個
麺つゆ 大さじ1
ご飯 200g

1 「ローシンケン生ハム」の2枚は3等分に切り、残りの2枚は細切りにする。オクラは茹でて薄切りにしておき、玉ねぎはスライスして水にさらしておく。
1 ご飯に細切りした「ローシンケン生ハム」を混ぜてどんぶりに盛り付け、玉ねぎ、オクラ、3等分にした「ローシンケン生ハム」の順にのせる。温泉玉子を中央に盛り付け、麺つゆをかければ出来あがり。
printout
 

「技 モザレラチーズソーセージ」から出る、チーズのコクとうま味エキスが、塩・コショウだけで味付けたとは思えないほどの深い味わいを醸し出します。オーブントースターでとっても簡単に調理。旬のじゃがいもを美味しく頂きましょう!

20分
材料(4人分) 分量
技 モザレラチーズソーセージ 1パック(160g)
じゃがいも 大2個 
生クリーム 300cc
塩・コショウ 適量
パセリのみじん切り 適量
オリーブオイル 大さじ2

1 「技 モザレラチーズソーセージ」は斜め薄切りにしておく。じゃがいもは皮をむいて2〜3ミリの薄切りにし、電子レンジで3〜4分加熱して少しやわらかくしておく。
1 グラタン皿に「技 モザレラチーズソーセージ」とじゃがいもを交互に並べ、生クリームと塩・コショウをかけて、オーブントースターで焦げ目がつくまで7〜8分焼き上げる。パセリをふって出来あがり。
 
 

石川県金沢市出身。
料理教室講師を経て、2003年に独立。
2008年”しもおきひろこキッチンスタジオ”開設。

 

フードコーディネーター、食育インストラクター、ワインアドバイ ザーほか多くの資格を持ち、多方面で活躍中。
著書に「しもおきひろこ笑顔でごはん。」

 

しもおきひろこオフィシャルサイト

 

 

このページのトップへ